皆様、こんにちは!Miyuki☆彡です。

 
先週金曜日に公開された、「美女と野獣」を早速、楽しんで参りました。

ちょっぴり感想を綴ってまいります。

 
image

 

「美女と野獣」と言えばフランスの童話作家ボーモン夫人原作の愛の不朽の名作ですが、

今日、私たちに広く知られているのはディズニーがリメイクし発表した長編アニメの方で

小説の中では、さほど強調されていなかった城の登場人物たちがイキイキと描かれており、

老若男女を問わず大人気の作品であることは、言うまでもありませんね。

 

さて、そんな大人気作品を実写化してしまおうという訳で公開前からファンの間では

ベルや野獣は誰が演じるの?アニメーションで人気だったルミエールやポット夫人、チップを

どうやって実写で表現するの!?と様々な話題を振りまいておりました。

 

 

主演は、あのエマ・ワトソン。

劇中、エマの美しさに心奪われた人も多いのではないかと思いますが

本当にベルのイメージにぴったりというか、もうベルそのもののように感じました。


image




また、ガストン演じるルーク・エヴァンズも最後の野獣との対決まではハンサムで格好いいのなんの悪役なのに、なんだか憎めない、おちゃめなガストンとして描かれています。

 

 

主役、脇役ともに力のある役者さんで固めてあるので見ていて安定感がありました。

また、元々のアニメーションファンをガッカリさせないように忠実に描かれている配慮も感じました。

 

 

 

しかーーーし!!!

 

 

これはねっ!!!!

 

ミュージカル映画なので、お子さんと一緒でない方は是非、字幕で見るべしっ!!!

 

 

私は公開日の夜に見に行ったので、映画館は満員御礼状態で字幕版が全く席が空いておらず

渋々、吹き替え版を見ることになったのですが、歌のシーンはやはり英語で聞きたいと感じざるを得ませんでした。

 

歌っている声優さん(岩崎ひろみさん、戸田恵子さん、村井國男さんなどなど)は大御所が多く、歌そのものは大変素晴らしいのです。

ただ、英語の歌のセリフを日本語に当てはめているので字余り感が否めず、聞いていて違和感を感じてしまいました。

 

 

また、余韻が欲しいシーンの中でも歌が始まってしまったりするので、「なんとなく、ここは静かにキャラクターの感情表現を見ていたいのになぁ」と

思う部分もあったりと、ちょっぴりムニャムニャな部分もありました。

 

しかし、構成はしっかりとしていて、アニメーションのファンも初めて物語を知る人にも飽きさせない工夫もしてありました。

感動のあまり涙する方も多かったです。

 
 

美女と野獣を愛するファンの方々や親子で楽しみたい方、カップルや友達同士で見る映画として、あらゆる層にオススメできる映画でした。

ご興味のある方は是非、映画館に足を運ばれてみてはいかがでしょうか。