皆さま、こんばんは。
群馬県のライトワーカー、Mitsuco✨です。
冬至を過ぎましたが関東は比較的あたたかな一日でした。


今日は東京は世界的にも有名な天使の画家、佐藤 弘之 先生の「大人のエンジェル塗り絵教室」に参加してまいりました!

IMG_20171223_135205_194



以前から、ライトワークス さんの店頭に先生の絵が販売されているのを見て綺麗だなぁ✨自分もこんな絵が描けたらなぁと思っていたのですが、ちょうどライトワークスさんのクリスマス企画で先生の絵の塗り絵ができることを知り、先月からずっとワクワクしていました。


少しぼやけてしまっていますが、こちらが先生の原画↓
KIMG0193

グラデーションが美しく、ドレスのドレープも素敵です。

この他に原画は4パターンあり、紙の色は3種類ご用意してくださいました。この日のために先生が用意してくださったなんて、なんと贅沢!と原画だけで満足してしまいそうでしたが、彩色をしていくことに。

まずは、1色でグラデーションをつくる練習を重ね、それで先生のOKが出たらコピー用紙に描かれている線画に色をつけて練習です。いきなり本番にいってしまわないので落ち着いて色味を見たり試し塗りをすることができます。


さぁ、試し塗りの方もOKが出たら、いよいよ本番の紙へ。
紙質はワトソン紙のような紙質で、少しザラザラしているのですが、それによって色鉛筆を寝かせて描いたときに味が出ます。

紙の色は、ホワイト、オークル系、シャンパンピンク系の色の3色で私はシャンパンピンク系の紙にしました。夢中で塗っていたので、途中経過の絵は撮影できませんでしたが、完成画はこのような出来上がりになりました。


 先生のご指導のもと完成したMitsuco画↓
KIMG0194


先生が丁寧にアドバイスをしてくださったり見本として彩色してくださったことで、なんとか時間内に仕上げることができました。光の当たり方を見ながら、どこに、どんな影が出来ているか、ドレープのひだの部分はどうなっているか、影になっている部分の色の濃さなど一つひとつを本物に近づけるために、じっくり塗り込むことで絵に重厚感が出てくるようです。

3時間の教室でしたが、あっという間に時が経つのも忘れて彩色に没頭できました。
また、先生の教え方も楽しく、ちょっぴり辛口だけど一生懸命、美しく彩色できるようにアドバイスをしてくださる生徒の皆さんとのやり取りに、会場が思わず笑いに包まれました(笑)。

こうした機会が、またいただけるようでしたら、是非、先生の絵に触れながら楽しく学びたいものです。

佐藤先生、そして、ライトワークススタッフの皆さま、ありがとうございました。




Mistuco✨



KIMG0189