ライトワークス(http://www.light-works.jp/)さんが提供する、オラクルカードアプリを使い実に30デッキの中から今日一日のアドバイスカード一枚をご紹介していきます。
オラクルカードは、使う人に勇気や希望、光を与えてくれる素晴らしいカードです。


オラクルカードってなに?
「オラクルカード」はタロットカードと似たようなものですが、少し違うのはタロットカードは占いであるのに対し、オラクルカードは「神託」を導くために使うカードと言えます。1デッキが44枚、または、55枚で構成されていて、アメリカで心理カウンセリングを中心に活動を行う、形而上学者ドリーン・バーチュー博士によって開発されました。

具体的にどんなことがわかるの?
その日、一日の過ごし方のアドバイスから、恋愛、人間関係、仕事の悩みなど、様々なことがわかります。
ただし、「この問題は解決しますか?」というような他力本願的な質問に対しての答えは出ません。
「この問題を解決するために、必要なアドバイスはなんですか?」というような、自分で解決するための導きはいただけます。

どうやって使うの?
トランプのようにきって混ぜて、1デッキの中から1枚だけ引いてメッセージをいただく方法や、過去、現在、未来と知りたい場合には3枚を使う場合もあります。また、深く一つのカテゴリーについて掘り下げて解決方法を知りたい場合は、枚数を増やして使うこともあります。たとえば、恋愛をカテゴリーとしたテーマで「私がソウルメイトに出会うために、努力するべきことはなんですか?」といった質問です。こうした場合は、その方自身の状況と、ソウルメイトである相手の状況についてをカードに尋ねることになります。

当たるの?
オラクルカードの説明にも書きましたが、占いではないので「当たる、当たらない」という表現は少し違いますが、デッキの中から導き出されるカードはピタゴラスの定理に基づき、抽出されるので間違いであることはないようです。ただし、カードを使ってリーディングする側の質問が的を得ないものであったり、ネガティブなエネルギーが発せられていると正確なリーディング結果は得られないといわれています。


それでは早速・・・

今日のメッセージ・・・「Be Willing to Forgive/自らすすんで許す」

Screenshot_2016-09-29-15-44-59


あなたの中で、許せないと思う気持ちが渦巻いています。それは、家族だったり、恋人だったり、または、自分だったりするかもしれません。
許せない!という思いは徐々に自分を蝕んでいき結果として、関わる人すべてを不幸にしてしまいます。相手を許す必要はありません。許せないという気持ちだけを手放すのです。
少しずつ、焦らず、抱え込んでしまった気持ち、傷ついた心、怒り、それらをそっと手放しましょう。許せない感情が湧いてきたら、あたなにとって楽しいこと、嬉しいこと、やりたいことを考えましょう。次第に、あなたは癒されていきます。狭い世界に閉じこもらず、もっと大きな世界を見てください。
あなたは、多くの存在に守られているのですから。




大天使ラファエルのご加護がありますように。


Miyuki☆ミでした