天使の耳たぶ ~Angle's sign~

“暮らしを丁寧に生きる” をテーマに心に灯火が宿られるよう、祈りや感謝の心を綴っています。

Food

命をいただくという考え

皆様、こんにちは。
台風一過のあとの暑さが残る群馬県です。
 
九州や四国では甚大な被害を受けたところもあるとのことで
一日も早い復興をお祈り申し上げます。
 
体育館や公民館など、ご自宅を離れて避難されている方もいらっしゃることと思います。
慣れない環境だけでもストレスが溜まってしまうと思いますが、癒しの天使が寄り添っていますことをイメージをしながら皆様ご自身の心と体の回復も願っております。
 
 
さて、今日は食べ物の話。
 
皆様は「ヴィーガン」とか「ベジタリアン」という言葉をお聞きになったことはありますか??ベジタリアンの方はだいぶ浸透していますが、ヴィーガンの方は馴染みのない方もいらっしゃいますよね。
ヴィーガンとは、肉、魚、乳製品や蜂蜜なども含め一切の動物性食品を摂らず完全菜食者であることを示します。その他、動物性由来の製品や肌につける化粧品など徹底して使用しない方が、このヴィーガンに含まれます。
 
身体が赤血球をつくるために必要なビタミンB12は動物性の食品にしか含まれないため、
サプリメントなどで補い、対応されている方が多いようです。
 
 
そして、すっかり馴染みつつあるベジタリアンの方ですが実に多くのタイプの方が存在することは意外と知られていないのではないでしょうか。
 
肉や魚、卵を摂取しないかわりに乳製品は摂取をする「ラクト・ベジタリアン」や
肉、魚を摂取しても卵は摂取をしない「オボ・ベジタリアン」など実に4タイプのベジタリアンの方が存在するのです。
 
 
中でも最近はヴィーガンの方が増えており、レストランやスーパーなどでも「ヴィーガン食」なるものが販売されていて、愛犬や愛猫などにもヴィーガンペットフードを与えている飼い主さんもいらっしゃるとか。
 
 
私もリーディングを行う前や、またはその日一日は完全な菜食に食事の内容を変更し、アルコールや白砂糖を使用した食品を摂取しないように心がけています。
その方が体が軽くなりますし、なにより直観が働きやすくなり的確なメッセージをより受け取り易くなると共に穏やかな気持ちになれるのでそうしています。
 
しかし、それ以外の日は全く普通にお食事をいただいています。
とくに、頂き物や家族で出かけた外食の際などは導かれるものを摂りますので肉も魚も美味しくいただいています。
 
 
つまるところ、私はマクロビオティクスな考え方で食べ物と接しています。
“全ての食べ物を最適なバランスで摂取し、美味しくいただく”という考え方で素材はナチュラルフードであることが必須であるというものです。
 
 
人間の体は植物性の食品だけでは血も骨も作ることができません。
それが自然の摂理です。
動物のエネルギーもいただくことで、グラウディングされフワフワとした感覚から、しっかりと地に足がつくようになると考えています。
 
 
ヴィーガンやベジタリアンの方を否定するというのではなく、「私はそうする」というだけなので菜食を楽しんでいる方は、それが最もご自身に合っているのであれば素晴らしいことだと思います。私も、食肉を摂るシーンであっても、なるべく野菜が多いように心がけたりナチュラルフードであることに気をつけて食事をしていますので、厳格なヴィーガンの方には頭が下がります。
 
 
一方で、いただいた命は美味しくいただくことも、その動物のためであるような気がしてなりません。
進んで狩猟をして、その食肉を大量に食品として生産しロスを発生させることを推奨しているのではありません。
過度に命を殺めるのではなく、殺められてしまった命は、その動物が捧げた魂のためにも祈り、食し「死を無駄にしない」ことが大切なのではないかと考えるのです。
 
 
ヴィーガンやベジタリアンの方々には怒られるでしょうし、こうした考え方に違和感を持つ方も当然いらっしゃると思いますが私は亡くなってしまった以上、その命に感謝し、またその命の重みについても死を通して考え頂くことがベストなのだと思うのです。それが自然な形なのではないかと。
 
ですから、犬や猫などをもしも自分で飼っていたら迷うことなく食肉の餌を与えると思います。
それが自然なことだからです。彼らは肉食動物であり、食肉から必要な栄養素を得ているので、そうしてあげると思います。
 
食べることを通して命を見つめることは日本人が古来から育んでいる感覚なのではないでしょうか。
「いただきます」という言葉は「命をいただきます」という言葉の略語ですので、そうした思いを自分に子どもが出来た時にも教えてあげたいと思っています。
 
 
大切なのは好きな物をバランス良く食べて、心も身体も心地いいことなのではないかなと思う今日この頃です。


44693362[1]







作り置きをやめました

最近、今更ながらアーユルヴェーダに興味を持ち始めました。

アーユルヴェーダは世界三大医学にも含まれインド古来から伝わる
自然の摂理に人間の生活サイクルをあてはめる伝統医学です。

最近体調が優れないことが多かったので、白湯生活とかヨガ、身体に良い食事やチャクラクリアリングを心掛けていたのですが
すべてがこのアーユルヴェーダに繋がっていて辿り着きました。

 

医食同源という言葉がありますが、まずはしっかりアーユルヴェーダの観点から食事を考えようと思い
いろいろ調べてみますとアーユルヴェーダでは作り置きが厳禁とのことで、冷蔵庫内に作り置き大国を築き上げていた私としては
口あんぐりで脱力してしまいました(笑)。

 

といいますのも、我が家は夫婦で共働きで、夫は子供の頃に大きな病気を抱えていた経験から

味付けの濃い物や甘い物が食べられません。なので世間一般的なお弁当屋さんの惣菜やコンビニのお弁当など
ほとんど食べることが出来ないので全て手作りでお弁当を作っていました。

 

ですから、朝、朝食の用意とお弁当の用意を両方しなければならないとなると結構、大変な訳で、作り置き大国が生まれてしまったのです(笑)。



image

 

 

しかしアーユルヴェーダの観点からすると、作り置きの物というのは、やはり鮮度が落ちてしまい体内に吸収したときにドーシャ(体に良くない物)が溜まるという考え方なので

なるべく作って直ぐにいただくことが好ましいとのことでした。その方が栄養の吸収も良く、新鮮な物をいただくことで身体も喜ぶそうなのです。

 

しかし、ジャンクフードやレトルト食品、発酵食品の過度な接種が続くと
ドーシャが溜まり、あらゆる不調が発生しやすくなって吹き出物や蕁麻疹、発熱、風邪をひきやすくなる、

皮膚、内臓の病気などにかかりやすくなるそうなので、蕁麻疹が出ていた夫を見て、あぁ、これではいけないと反省しました。

 

 

普段から、忙しさにかまけて作り置き大国に依存してきた私ですが
これを機会に毎回、そのとき食べる分のおかず作りを意識して料理をしてみようかなと思います。

しかし、お弁当だけは今の時期、作って冷やす時間をつくらないと食中毒も怖いのでOisixのお弁当キットにお世話になろうかと思います。

作り置きと変わらないかもしれませんが、オーガニックで化学調味料を使っていない食材なら、まぁ良しとしようという感じです。

全部を完璧にこなそうとすると、私の場合、馬鹿真面目すぎて自滅してしまうタイプなので、できるとこからゆるゆるとやろうかと思います。

 

 

あたり前のように毎日を過ごせるのは、自分の為に働いてくれる体のおかげで
頑張ってくれている体のために、出来うる限り感謝の気持ちを込めて良くなることをしてあげたい、

それが自分や大切な人を愛することに繋がるのではないかと思います。

 

これからアーユルヴェーダについて知識を深めていきたいと思いますので、
定期的にこちらでオススメできそうな情報をお伝えできればと思います(*^_^*)


マインドフルネス食事法にトライしてみたら



最近、ちまたで話題の「マインドフルネス」という言葉をご存じでしょうか。


知らない方は、「なになに?何かの怪しい宗教思想(; ・`ω・´)??」と思われるかもしれませんね。

ところが、マインドフルネスは案外生活の中に普通に存在しているんです。

たとえば、ガーデニングやスポーツ、エクササイズ、ショッピング、料理、趣味をしている時間に関する諸々など。

それが既にマインドフルネスな状態です。


つまりマインドフルネスとは「今この瞬間に無心で集中したり、打ち込んだりしている状態」を意味します。

私の場合は、大好きな絵を描いたり見たりしているときや、ヨガ、カードリーディングをしているときなどが挙げられます。

一般的に最もマインドフルネスを実践しやすいのが瞑想です。

ただ、目を閉じて無心でいる、それだけで心が落ち着いたり、ストレスが軽減されたり

気持ちが穏やかになることで自分にも他人にも優しくなれるというものもので、

もともとは、この考え方は仏教から来ていて、『座禅』がその例だそうです。


じゃあ、今日のタイトル「マインドフルネス食事法」って何よ?と言うと

そのままのとおり、「今この瞬間に集中して食べる」ことです。




「は・・・・・(´・ω・`)?なんですか、そのガッツキ感・・・・」と思われてしまいそうですが(^_^;)

マインドフルネスに食事をすると、いつもの食事が倍に楽しく美味しく食べられる!という話を

小耳に挟んだので、ミーハーな私は「よ~し、これはやってみよう!」と早速トライしてみることにしました。



image



ルールは簡単、ただ、食べることにのみ集中するだけです。

食事の間は、テレビ、PC スマホは見ない、イヤホンなどで音楽を聞かないなどなど

生活の中にある雑念を払って、食べているもののことだけを考えて食事をします。

始めて3日めになりましたが、確かに以前より、食事のときに「美味しい!」と感じることが増えたような気がします。

普段、何げなく食べているレストランの食事や、スーパーなどのお惣菜などは

「えっこれって、こんな味だったっけ?」ですとか、「この風味は、なんの調味料を使って出しているんだろう」とか

自分で作ったものは「しょっぱい!!笑、もう少し減塩しよう」とか、いろいろな発見があります。


いつもより気づきが増えると、なんとなく楽しい、そして、なんとなく美味しさが増した気がする!と思うのです。
(この「なんとなく」が大事!徐々に「なんとなく」が「やっぱり」に変化します)

そして、自分でも驚いたのが食事中、これまで、いかに食事に集中していなかったかという気づきです。


ちょっと油断しますと、SNSが見てみたくなったり、ネットで調べ物をしたくなったり

明日の仕事のことを考えたりと、思考があちこちに飛んでいて、集中できていないことがわかりました。

これでは、「美味しさ」が半減してしまうのも当たり前なのだと思いました。

私の場合、食事を楽しむ感覚をエンジェルノートに記録をつけていて、その時間もマインドフルネスになりました(笑)。


心にゆとりが欲しいとき、いつもの食事を摂るという行為にちょっと意識をしてみるだけで

新たな閃きや発見、自分の新たな一面に気づくことで心が豊かになると思いました。


忙しくて、そんな時間が取れないという方もいると思いますが、週に一度イベントのようにトライしてみると

楽しいかもしれません(*^_^*)




☆オラクルカードリーディング好評受付中☆
☆リーディングのお申し込みはコチラから☆






リラックスしたいときに


関東は昨日とは打って変わって、ちょっぴり寒めな一日です(´ω`)

こんな日は、コタツでぬくぬくと過ごしたいくらいです(笑)

年も明けて年末年始のバタバタが落ち着いたものの今になって疲れが出てきたり(lll´д`)

ストレスが一気に放出されて、イライラ、モヤモヤしている方もいらっしゃるかもしれませんね。


ほんのちょっとでもリラックスしたり、気持ちを落ち着かせられたらいいのに・・・!

というときは私の場合、ハーブティーがとっても効きます。


image



どんなに忙しいときでも手軽に飲めるので重宝しています。


ただ、ハーブティーを飲んだことのない方は「苦い」とか「マズイ」とか

ハーブティーに対して、いろいろなイメージがあると思いますし

どのハーブが自分に合うのかわからないという方もいらっしゃると思うので

効果別に少しまとめてみました。




【イライラを鎮めたい!】

カモミール    飲みやすさ★★★☆☆
すっきりとした味わいで、多くの人に親しまれているハーブティーです。
精神を落ち着かせるリラックス効果に優れていて、眠る前に飲むと安眠効果もあります。
女性に人気です。


ラベンダー    飲みやすさ★★☆☆☆
紫の花が美しいラベンダーは、鎮静効果やストレスによる血圧を下げる効果があります。
カモミールと同じく安眠効果もあります。味は「ラベンダー」の香りそのものの味といったところでしょうか。
初心者の方の中には、その独特な風味が苦手という方もいるかもしれません(^_^;)


ペパーミント   飲みやすさ★★★★★
スーッと爽やかな味わいでイライラした気分や不安感を鎮めてくれます。
好き嫌いはあると思いますが、ペパーミントそのものは多くの方が慣れ親しんでいる風味ではないでしょうか。
ほっと一息つきたいときにオススメです。
ですが、私の友人にペパーミント嫌いがおりまして、、歯磨き粉の味みたいとか言われてしまったこともあるので苦手な方はご注意ください(@_@;)


【デトックスして疲れを取りたい!】

ルイボスティー  飲みやすさ★★★☆☆
独特の風味がありますが、好きになってしまうと虜になる味です。
女性ホルモンのバランスを整えたり、腸内をきれいにしてくれる作用があるみたいです。
卵巣の若返りにも効くと言われています。


ジャスミン    飲みやすさ★★★★☆
「甘いのが苦手」という方にピッタリなのがジャスミンティーです。
すっきりとした味わいはカモミールよりも更にさっぱりとしているのではないでしょうか。
疲労回復と鎮静の両方に効き、こちらも女性に人気のハーブティーですね。



ざっくりとですが、この辺のお茶がリラックスや疲労に効く

スーパーや薬局などでお求めになりやすいお茶だと思います。

ちょっとリラックス、リフレッシュしたい方は活用してみてくださいね☆ミ

「食」を選ぶ

みなさま、こんにちは。

このところ寒さがグッと増してきた気がします。

私の周囲には、ついにインフルエンザを発症した方も出ました( ̄▽ ̄;)

どちらかというと西洋医学のお薬が合わないので、予防接種を受けていない私ですが

先週の木曜日に、その方と近い距離で打ち合わせなどをしたこともあり不安ですが

「病は気から」と言いますので、気にしない・・・気にしない・・・と暗示をかけております(*´ェ`*) 笑


しかし、最近これを食べると必ず調子が悪くなるというものが出てまいりました。



第3位 揚げ物・・・年のせいかしら・・・(-_-;)

第2位 生クリーム系・・・トマトクリームパスタとかコーンクリームスープが大好物だったのですが
今年に入って食べるとすぐに調子が悪くなってしまいます(泣)

第1位 チョコレート('д` ;)
これはもうねぇ、大好物なんですよ。なのに食べると高確率で胃がイ~っとなります(≡ω≡.)


そうなると解っているのに食べてしまったりね、本当に馬鹿です(笑)。



でね、食べたい物が食べられないって、本当にストレス!!!と思われるかもしれませんが

そうなると案外、食べたくなくなるものです。

それって、身体が「これは私たちにとっては、もう毒だから必要ないのよ」と言っているシグナルかもしれませんね。


形而上学や心理学の博士である、ドリーン・バーチュー氏は依存性のあるもの(お酒、たばこ、コーヒー、乳製品、チョコレート)などは基本的にヒトの身体には、良い影響を及ぼさないと明言しています。

少量のお酒や、ハイカカオ、一日1杯~2杯くらいのコーヒーは身体に良いと言われていますので医師や栄養士の方それぞれに良い物は異なると思いますが、一番良いのは、やはり身体のシグナルを聞くことではないでしょうか。


美味しいと感じるものは素直に美味しくいただき、以前、好きだったものでも

「これは違うな」と思う物は、もう自分には必要のない物なのかもしれません。


心と身体に聞いて「食」を選びたいですね。

 

image


Twitter プロフィール
“丁寧な暮らし”をモットーにエンジェルセラピーやフラワーセラピーを生活に取り入れたり、ナチュラルフードコーディネーターとして身体が喜ぶ食事を探求中。日々を記録するアカウントです。 I love music, art, nature, flowers and angels.I'm angle cards reader.
ギャラリー
  • 田舎暮らし
  • スパっとシンプルな答えを知りたいとき
  • スパっとシンプルな答えを知りたいとき
  • スパっとシンプルな答えを知りたいとき
  • バースデーコインが幸運を呼び込む
  • バースデーコインが幸運を呼び込む
  • オラクルカードリーディング再開
  • 祈り
  • ほほえみ
記事検索
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ