「なぜ生きるのかを知る者は、ほとんどすべての、いかに生きるかに耐えることがで
きる」ニーチェ


毎日、同じことの繰り返しであったり

そもそも、なんのためにそれを手に入れたのか?

なんのために、今ここにいるのかを忘れがちになってしまうのが人生です。


自分の中に核となる芯があるからこそ、辛いことも耐え抜ける力を持てたり

辛抱、我慢することもできます。


そんな考え方は古臭い。

我慢なんて、とんでもないと思うかもしれません。

しかし、辛いことを乗り越えてでも『これをやり抜いて見せる』と

人生を送った人と

なんとなく、ただ、楽に生きていたいと

人生を送った人とでは


人間としての奥行が大きく変わってくるのではないかと思います。


天使とともに素敵な一日をお過ごしくださいませ。




Mistuco★




mig