皆さま、素敵なバレンタインデーをお過ごしでしょうか。
我が家は夫が甘い物が苦手ということもあって、手作りの酸味のあるアップルパイを
作ってみました。
どなたさまも素敵なスィートデイをお過ごしくださいませ。

さてさて、わたくしからのお知らせです。
これまで、オラクルカードリーディング等を通じて私の中で感じたことや天使たちに
まつわる様々な事柄を当ブログにてご紹介して参りました。
しかし、ここ最近のことなのですが、これまでの自分と今の自分との間に感じている
ことと行動の間にギャップを感じるようになってきました。
たとえば、ご依頼をいただいたリーディングを行うときであったり、ブログでメッ
セージを配信するなどといったことから、天使にまつわる話など、自分の中で「何か
が違う」と感じるようになり、こちらを含めインスタグラムでのリーディングに関す
る記事は減少傾向にありました。

なにより、以前のような「書きたい」とか「伝えたい」という思いがフェードアウト
してしまったように感じるのです。なんとなくですが、自分の役目は終わったなと、
そんな感覚が尽きませんでした。


しかし、私を勇気づけてくれていたのが聖書でした。だからといって、ドリーン・
バーチュー氏のようなイエスに啓示を受けたとかイエスのみを信仰の対象とすると
いったことではなく、単にイエスの御言葉に癒されたい私がいました。私はけして、
キリスト教徒ではありませんが、子どもの頃から宗教画を見て学んだり、聖書を読ん
でその教えについて考えることが好きな子どもでした。

ドリーン氏によって、天使存在について学んだり、また高校時代から深めていた江原
啓之氏の教えを知るよりも以前は聖書を心の拠り所にしていたのです。
ですから、なんとなく一周まわって、また原点に戻ってきたような、そんな感覚でい
ます。


そういった訳で、私の中でオラクルカードに関する学びたいという意欲ですとか、
リーディングに対しての情熱のようなものは消え、聖母マリアに祈りを捧げている時
間の方がしっくりとくるようになってしまったので、今後、個別にリーディングのご
依頼をいただくということは勝手を言い大変申し訳ありませんが一旦、閉じさせてい
ただきたいと思います。

その代わりに、聖母マリアのオラクルカードやラビング・フロム・ジーザスのカード
を用いた、大衆の方向けの聖書引用メッセージの配信などを行っていきたいと考えて
います。


天使が大好きな方や、オラクルカードを使ったリーディングをご希望の方には、少し
退屈なコンテンツになるかもしれません。
また、キリスト教に対する嫌悪感を抱いている方は離れていかれるかもしれません。

そういった感覚があるとすれば、正直なところ当たり前のことだと思います。
それでも足をお運び頂ける方には、是非、このブログを通じて人生に光を感じていた
だけるよう、これからも精進して参りたいと思います。
これで、お別れとなる方には、今日までご愛読いただきましたことに感謝を申し上げ
ます。




書きたいことがバラバラとした感じになってしまい、伝わりにくく申し訳ありません
が、ご理解いただけましたら幸いです。

多くの皆様に感謝と愛が届きますようにお祈り申し上げ、個別リーディングコンテン
ツ終了のご案内とさせていただきます。


これまで、本当にありがとうございました。



Mitsuco



fresque