こんにちは、Mitsuco☆ミです。本日は新たに寄せられましたお悩み相談について、皆さまとシェアしつつ解決方法をお話させていきたいと思います。

[画像:f14d665e.jpg]

 

 

【鳥取県/なないろさん】

 

早速、相談させていただきます。

それは、『健康』についてのリーディングの質問についてです。

 

私は、9年前、病気の診断を受けましたが、西洋医学的な治療では改善が見られず、今は、病院にも通っていません。

また、診断された病気が、神経系の病気なので、レントゲンやMRIなどの目に見える形では解らず、問診で診断されました。

その為、一番有効と言われている治療も効果が無く、本当にその病気なのか?という疑問もあります。

 

今後、病気が完治するのか?一生付き合っていく症状なのか?など、リーディングでは、そういった質問はできませんし・・。

リーディングでは、質問者の自由意志に対しての答えをもらうものですもんね。

なので、「辛い症状が良くなるために、どうしたらよいか?」を聞きたい場合、どういう形で質問をしたらよいでしょうか?

 

教えていただければ幸いです。

 

 

 [画像:93ec2f93.jpg]



 

なないろさん、ブログをご愛読いただきましてありがとうございます。

 

また、目に見えない病と向き合うことは、とても不安ですし生涯、病とつきあわなければならないかもしれない、という思いを抱えて生活をされるのは大変なことですよね。

ご心痛のほどお察しいたします。私も同様な環境を経験したことがあり、病に向き合うことの辛さ、そして、生活の中で生じる不自由さや言葉にならない痛みや不安など今でも強く胸を締め付ける記憶として刻まれています。なないろさんのなさっているご経験からすれば、私の経験など大したものではないかもしれませんが少しでも、お気持ちに寄り添えたらと思います。

 

では、そうした状況の中、どのようにカードに病について、改善が図れるかを尋ねる方法をお伝えしますね。

 

 

ここを訪れるオラクルカード愛用者の皆様や、なないろさんは既にご存じのことと思いますが、「●●はどうなりますか?」「●●は改善されますか?」といった質問の仕方はリーディングにおいて適正な結果をもたらすことができません。なぜなら、そこに「そうあって欲しい」というリーディングを行う者の執着が反映されてしまい宇宙意志を無視してしまうことになるからです。

まさに、なないろさんのおっしゃる自由意志が大切ということなのです。

 

 

では、カードに聞くためのポイントは・・?

 

 

ずばり「ポジティブなことにフォーカスする」です。

 

 

例えば、「どうしたら私の症状が良くなるのでしょうか?」という質問も間違いではないのですが、ポジティブさを盛り込むと、こんな風に変換できます。

 

「私が日々を快適に健やかに過ごすために必要なアドバイスをください」

「私が感じている症状は、私にどのようなことを伝えたいのですか? また、この経験から何を学ぶことができますか?」といったポジティブな質問です。

 

 

辛い、苦しい、その溢れる思いは天使たちは十分に理解していて、なないろさんを支えられるよう優しくサポートしてくれています。

大切なのはその気持ちを信じること。だから、悲しみ尽くしたあとはポジティブでいることが大切です。

その道のりは並大抵のものではないかもしれませんが、微笑みかけてくれるあたたかな存在に気づくためには、自身がそれを受け取れる心の環境をつくらなければなりません。

 

たしかに天使たちは、どのような状況でも私たちをサポートしてくれますが、カードリーディングにおいてはネガティブな願いや執着と思える内容については天使存在から正確な情報を読み取ることはできません。天使たちが、どんなに明るいニュースを届けてくれていても、受け取る側が「でも、それはこうなのに」とか「そうはいっても・・」と否定してしまうと真っ新にメッセージを受け取れなくなってしまうのです。

 

気分が沈んでしまい、悲しみや苦しみに想いをフォーカスしてしまうとリーディングの結果もそれに基づいて悲しみや苦しみに関したメッセージとなってしまいかねないということですね。

 

 

私達は聞きたいラジオがあれば、そこにチューナーを合わせますし、見たいテレビ番組があれば、そこにチャンネルを設定しますよね。

天使存在と繋がるためには、それと同じことが必要なのです。

見たい番組を見るためにチャンネルを変えても、「もしかしたら、このチャンネル選択では見られないかも」とか「このテレビで見られる訳がない」と思い込んで砂嵐を見てしまうのは、心がそうさせているからなのです

 

 

ですから、聞くときはポジティブな想いを込めることが大事。

これがポイントです。

 

なないろさんも、是非、「どうすれば快適に暮らせるか」「今この症状が自分に伝えたいこと、そして、その中から見出せる光はなんであるか」に気持ちをフォーカスなさって、カードと向き合われてみてはいかがでしょうか。

「闘病は、どのくらい続くのか」ではなく、今この瞬間に人生を楽しむことにチャンネルを合わせ今日、今から生きる喜び、幸せを感じるための方法を天使に尋ねてみて下さい。きっと、なないろさんの未来はとても明るく光り輝いていらっしゃることと思います。


そして、私も遠く高崎の地から応援しています。

引き続き、天使のご加護がありますように。

 

 

 

長くなりましたが、以上を今回のご相談の回答とさせていただきます。

 

なないろさんをはじめ、全ての病に向き合われる皆様のご参考となれば幸いです。

 

 

それでは、天使と共に穏やかな午後をお過ごしくださいませ。

 

Mitsuco★でした。

 

 

 [画像:676d30f6-s.jpg]

[画像:31ec0512-s.jpg]