最近、ちまたで話題の「マインドフルネス」という言葉をご存じでしょうか。


知らない方は、「なになに?何かの怪しい宗教思想(; ・`ω・´)??」と思われるかもしれませんね。

ところが、マインドフルネスは案外生活の中に普通に存在しているんです。

たとえば、ガーデニングやスポーツ、エクササイズ、ショッピング、料理、趣味をしている時間に関する諸々など。

それが既にマインドフルネスな状態です。


つまりマインドフルネスとは「今この瞬間に無心で集中したり、打ち込んだりしている状態」を意味します。

私の場合は、大好きな絵を描いたり見たりしているときや、ヨガ、カードリーディングをしているときなどが挙げられます。

一般的に最もマインドフルネスを実践しやすいのが瞑想です。

ただ、目を閉じて無心でいる、それだけで心が落ち着いたり、ストレスが軽減されたり

気持ちが穏やかになることで自分にも他人にも優しくなれるというものもので、

もともとは、この考え方は仏教から来ていて、『座禅』がその例だそうです。


じゃあ、今日のタイトル「マインドフルネス食事法」って何よ?と言うと

そのままのとおり、「今この瞬間に集中して食べる」ことです。




「は・・・・・(´・ω・`)?なんですか、そのガッツキ感・・・・」と思われてしまいそうですが(^_^;)

マインドフルネスに食事をすると、いつもの食事が倍に楽しく美味しく食べられる!という話を

小耳に挟んだので、ミーハーな私は「よ~し、これはやってみよう!」と早速トライしてみることにしました。



image



ルールは簡単、ただ、食べることにのみ集中するだけです。

食事の間は、テレビ、PC スマホは見ない、イヤホンなどで音楽を聞かないなどなど

生活の中にある雑念を払って、食べているもののことだけを考えて食事をします。

始めて3日めになりましたが、確かに以前より、食事のときに「美味しい!」と感じることが増えたような気がします。

普段、何げなく食べているレストランの食事や、スーパーなどのお惣菜などは

「えっこれって、こんな味だったっけ?」ですとか、「この風味は、なんの調味料を使って出しているんだろう」とか

自分で作ったものは「しょっぱい!!笑、もう少し減塩しよう」とか、いろいろな発見があります。


いつもより気づきが増えると、なんとなく楽しい、そして、なんとなく美味しさが増した気がする!と思うのです。
(この「なんとなく」が大事!徐々に「なんとなく」が「やっぱり」に変化します)

そして、自分でも驚いたのが食事中、これまで、いかに食事に集中していなかったかという気づきです。


ちょっと油断しますと、SNSが見てみたくなったり、ネットで調べ物をしたくなったり

明日の仕事のことを考えたりと、思考があちこちに飛んでいて、集中できていないことがわかりました。

これでは、「美味しさ」が半減してしまうのも当たり前なのだと思いました。

私の場合、食事を楽しむ感覚をエンジェルノートに記録をつけていて、その時間もマインドフルネスになりました(笑)。


心にゆとりが欲しいとき、いつもの食事を摂るという行為にちょっと意識をしてみるだけで

新たな閃きや発見、自分の新たな一面に気づくことで心が豊かになると思いました。


忙しくて、そんな時間が取れないという方もいると思いますが、週に一度イベントのようにトライしてみると

楽しいかもしれません(*^_^*)




☆オラクルカードリーディング好評受付中☆
☆リーディングのお申し込みはコチラから☆