こんにちは、お正月モードもすっかり落ち着いてきた頃でしょうか。

私は今月で結婚1年目を迎えました。

夫と姑とともに楽しい暮らしを築いてきましたが、やはり人間関係は腹6分という法則が最も合うようで

昨年は同居の厳しさも痛感した1年でもありました。


もうすぐ引っ越しも考えていて、今はその準備段階です。

夫とともに自分たちにピッタリな物件が見つかるよう、探し物の天使チャミュエルにお願いをしているところです。


さて、「頑張らない」で工夫するという今日のタイトルですが

日々の生活の中で、つい自分やまわりの人たちも

「頑張ってね」が口癖になっているような気がしました。

頑張ってはとても使いやすい相手を鼓舞させるための言葉ですが、言われた方としては

「もう頑張ってるよ!」とか「これ以上頑張れない」と思うケースもあると思います。


大辞林に載っていた「頑張る」という言葉の意味は

①あることをなしとげようと、困難に耐えて努力する。

とありました。



けれども、どんなに努力してもダメなこともあるし、最初から困難と思うと気持ちが萎えてしまうこともありませんか?

受験を頑張る

家事を頑張る

仕事を頑張る

人間関係が上手くいくように頑張る


そんな風に私たちの周りには世間一般的には「頑張らなければいけない」ことが溢れている気がします。

ですが、大概の人が努力しているし、何事もうまくいった方がいいに越したことはないと思っているはずです。

それなのに、更に頑張るなんて、なんだか辛すぎる・・・ぐうたらな私はそう思ってしまうんです(笑)。

だから、頑張るより「その状況でも楽しめる工夫をする」方が、ずっと人生が豊かになる気がします。


受験中も遊ぶ時間を作ったり、楽しむ時間を持てるように
また、勉強そのものも楽しくできるように工夫する


仕事を機械的にするのではなくて、何か一つ楽しいと思うこと
ワクワクできることを取り入れてみたり、職場やデスクに花を飾ってみる

人間関係が上手くいかないときは、相手を思いやって相手のことを好きになれるように工夫する。
どうしたら、お互いが楽しく明るい気持ちで過ごせるかを考えてみる



そんな風に置き換えてみると、頑張らなければいけないことも楽しんで出来るようになるのではないでしょうか。

私も新居での暮らしを楽しみ、より心を豊かにできるように工夫していきたいと思います。

今からとても、エキサイティングでワクワクしています。





今回のリーディング
『セレナ』(エンジェルオラクルカード2より)


目を閉じて、自分の感覚を信じてください。


そして想像してみましょう。

自分に舞い込んでくるあらゆる豊かさに。

手を伸ばし、あなたが受け取りさえすれば

あらゆるチャンスや人間関係、癒しの空間

そして胸躍るような楽しい時間が訪れるのです。


だから、ブレーキをかけないで。

そして、自分はふさわしくないとか

手に入れられるものなんてない

なんて、思わないでください。

あたなに注がれている愛に気づいてください。


善き人生を。


image